生理学

肥満患者の麻酔

読んだ。肥満患者の麻酔作者: 白石としえ,上北郁男出版社/メーカー: 金芳堂発売日: 2018/11/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るCOI:自費で購入 発売当初から興味があったので買ってみた。 個人的には、デブの麻酔には気道管理が…

血液ガス白熱講義150分

読んだ。 COI:ローテーターが持っていたのを読んだ。竜馬先生の血液ガス白熱講義150分作者: 田中竜馬出版社/メーカー: 中外医学社発売日: 2017/02/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る150分講義、ということだが血液ガスについて…

重症患者管理マニュアル

読んだ。 COI:なし。自費で購入。重症患者管理マニュアル作者: 平岡栄治,則末泰博,藤谷茂樹出版社/メーカー: メディカルサイエンスインターナショナル発売日: 2018/08/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る割と最近に出版されており、ガイドライン…

全身麻酔時の高濃度酸素

アブストだけ読んだ。 www.ncbi.nlm.nih.gov www.ncbi.nlm.nih.gov 全身麻酔のときに高濃度酸素(80%)にするとSSIが減ったりPONVが減ったりするのでガイドラインでも推奨されているが、実際にメタアナリシスするとそうでもないことが多い、とコメンタリーで…

フェンタニルの持続静注と部位効果濃度

フェンタニルの持続静注をすることで術後鎮痛を行うことがあるが、フェンタニルを低用量で開始するだけでは目標とする鎮痛濃度に達するにはものすごい時間がかかる。 例えば、身長160cm、体重50kg、年齢40歳の男性に20ug/hr でフェンタニルの持続静注をする…

心不全の心血管イベント発症率を予測するモデル()

読んだ。 The impact of creating mathematical formula to predict cardiovascular events in patients with heart failure. Sci Rep. 2018 Mar 5;8(1):3986. プレスリリース COI:なし 慢性心不全患者の血液検査、診察所見、検査データなどから、心血管イ…

Hypunatremia(担当AY)

60F 高血圧治療中に血液検査にてNa128mEq/l 低ナトリウム血症の前に除外するもの:偽性低ナトリウム血症 浸透圧 > 280 mOs/kg なら偽性低ナトリウム血症 2(Na + K) + BS/18 + BUN/2.8 (285 - 295) 脂質異常症、高血糖(BS 100ごとにNa 1.6減るらしい)、マンニ…

酸素解離曲線 その2

酸素解離曲線をやっていたのだが、SpO2が100%になるときの推定が設定不十分だったので、パラメータを設定して推定しなおした。 SpO2=100%とPaO2=98Torrが対応するらしいのでその値も加えた。 曲線の形がなんかうまくいかなかったのでこちらはLL.4による推定…

酸素解離曲線

酸素解離曲線というものがある。 Hillの式でやってみる。 SpO2 90%のときPaO2 60Torrは暗記事項らしい。 library(drc) SpO2 <- c(0, 50, 75, 85, 88, 90, 93, 95) #SpO2の値 PaO2 <- c(0, 27, 40, 50, 55, 60, 70, 80) #PaO2の値 sig <- drm(SpO2 ~ PaO2, fc…

そんなことより豆まきしようぜ!!

循環器内科・心臓血管外科学を学んでいる。 8割方動脈硬化の話だ。MIだ。 そういえば生理学で、血管内の血流はずり応力による層流になるとかならんとか言ってた気がする…。 NKの拡散の話を聞いて、まあなんか簡単に書いてみた。 x,y,z空間で、最初はz=0(時…

Winner Take All Strategy

インなんたらさんにくぎゅぅが出ていたハァハァ。神経科学の学生発表がありました。 どの班も手の込んだスライドを作っていて、試験に向けていい復習になった。 学生からの質問も例年に比べて活発で、教官方は非常に満足しておられたっぽい。 自分の班は注意の神…