麻酔

下壁と後壁って何が違うの?

心臓の解剖や生理、病理がわかってない勢だから(自由壁破裂って一体どこ…??)って思ってた。実際は固定されてて動かない中隔以外の壁を自由壁というらしい。へぇ。経胸壁エコーや経食道エコーで下壁とか後壁とか言われて(えっこれ何が違うん…??)って思っ…

経食道心エコー法マニュアル

読んだ。経食道心エコー法マニュアル[Web動画付](改訂第5版)作者: 渡橋和政出版社/メーカー: 南江堂発売日: 2019/09/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見るCOI:自費で購入 第4版をいつ買おうかと悩んでいたらいつの間にか第5版が出たので買った。経…

肥満患者の麻酔

読んだ。肥満患者の麻酔作者: 白石としえ,上北郁男出版社/メーカー: 金芳堂発売日: 2018/11/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るCOI:自費で購入 発売当初から興味があったので買ってみた。 個人的には、デブの麻酔には気道管理が…

一歩進んだ麻酔管理

読んだ。一歩進んだ麻酔管理~常識は常に真実か?~作者: 国沢卓之出版社/メーカー: 克誠堂出版発売日: 2019/05/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見るCOI:自費で購入見開き2-4ページで1項目でさくさく読める。ページ余白が少なくなんか情報量多く感じ…

血液ガス白熱講義150分

読んだ。 COI:ローテーターが持っていたのを読んだ。竜馬先生の血液ガス白熱講義150分作者: 田中竜馬出版社/メーカー: 中外医学社発売日: 2017/02/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る150分講義、ということだが血液ガスについて…

重症患者管理マニュアル

読んだ。 COI:なし。自費で購入。重症患者管理マニュアル作者: 平岡栄治,則末泰博,藤谷茂樹出版社/メーカー: メディカルサイエンスインターナショナル発売日: 2018/08/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る割と最近に出版されており、ガイドライン…

賢者歴史に学ぶ

読んだ。麻酔科M&M症例ファイル作者: 帝京大学医学部麻酔科学講座准教授・高田真二出版社/メーカー: 日本医事新報社発売日: 2014/05/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見るM&Mで改善する! ICUの重症患者管理〜何が起きたか?なぜ起きたか?今後どうす…

全身麻酔時の高濃度酸素

アブストだけ読んだ。 www.ncbi.nlm.nih.gov www.ncbi.nlm.nih.gov 全身麻酔のときに高濃度酸素(80%)にするとSSIが減ったりPONVが減ったりするのでガイドラインでも推奨されているが、実際にメタアナリシスするとそうでもないことが多い、とコメンタリーで…

合併症患者の麻酔スタンダード

読んだ。合併症患者の麻酔スタンダード作者: 武田純三,高野学美,忍田純哉出版社/メーカー: 克誠堂出版発売日: 2008/12メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る読んだのは旧版だが新版が出ている。新合併症患者の麻酔スタンダード―他科依頼…

フェンタニルの持続静注と部位効果濃度

フェンタニルの持続静注をすることで術後鎮痛を行うことがあるが、フェンタニルを低用量で開始するだけでは目標とする鎮痛濃度に達するにはものすごい時間がかかる。 例えば、身長160cm、体重50kg、年齢40歳の男性に20ug/hr でフェンタニルの持続静注をする…

術中に麻薬を使っても術後鎮痛にはあまり効果がないのかもしれない

読んだ。 www.ncbi.nlm.nih.gov 術中麻薬を使う群と使わない群で、術後の鎮痛効果をNRSで比較したメタアナリシス。 副次評価としてPONVの発生率を比較している。 術中に麻薬を使わないのがよくわからないのでよくわからない内容だった。術中に麻薬を使う群は…